Seikatsukobo2019

映像のフィールドワーク展 ―20世紀の映像百科事典をひらく

「映像のフィールドワーク展 ―20世紀の映像百科事典をひらく」
日時:2019年3月16日(土)~4月7日(日)11:00~19:00 ※月曜休
会場:生活工房ギャラリー&ワークショップルームAB(三軒茶屋キャロットタワー3・4階)
http://www.setagaya-ldc.net/access/

1952年、ドイツの国立科学映画研究所で、ある壮大なプロジェクトが始まりました。その名は「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」(以下、ECフィルム)。世界中の知の記録を集積することを目指した、“映像による百科事典”です。以降40年余りの歳月をかけ、あまたの研究者やカメラマンが世界各地に派遣され、各地に生きる人々の暮らしや儀礼、動植物の生命活動を3000タイトルものフィルムに収めてきました。
映っているのは、人間や生き物たちが命から命へと伝えてきた、普遍的な営みです。映像というメディアは、そしてそれを目撃した私たちは、次世代に何を伝えていくことができるのでしょう?
本展では、ECフィルムの映像群を「住処」「音楽」「料理」「儀礼」などのキーワードで拾い集め、会場内に投影します。映像のなかの世界を紐解くように探索するだけでなく、来場者の発見が展示に反映されていく参加型の展覧会です。
[¥]無料
[特別協力]公益財団法人下中記念財団 [企画進行]ECフィルム活用チーム

■関連イベント
1.「ECラボラトリーズ!」
各分野に詳しい「ゲスト研究員」と一緒に展覧会を楽しむ企画を毎日のように開催します。当日ご来場のどなたでも無料で体験できます(混雑した場合は、お待ちいただくことがあります)。詳細やその他のイベントは2月下旬に生活工房HPをご覧ください。
会場:すべて生活工房4F(展示会場内) [¥]無料
①3月16日(土)14:00~15:30
レプリカを作ってみる。ミクロネシアの漁師の帽子を編む。
ゲスト研究員:本間一恵(バスケタリー作家)
②3月20日(水)14:00~15:30
カバを狩って食べる!? ニジェールの「カバ猟」を研究者に聞く。
ゲスト研究員:佐久間 寛(アフリカ地域研究、人類学者)
③3月23日(土)14:00~15:30
やってみたい、世界のあやとり(北極や南米、ニューギニア)
ゲスト研究員:野口とも(国際あやとり協会)

2.トークセッション「とる、みる、つかう。―暮らしの中の記録と表現、その現在形」
3月24日(日)14:00-16:30 生活工房5F
記録映像とはどんな意味を持ち、誰に受け渡していくものなのか。生活工房とともに記録映像のプロジェクトに携わる方々と語り合いながら、その問いに向き合います。
[トーク]下中菜穂(ECフィルム活用チーム/造形作家)、松本篤(remo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織])、小森はるか(映像作家)+瀬尾夏美(画家、作家) [進行]丹羽朋子(ECフィルム活用チーム/NPO法人FENICS) [定]申込先着50名 [¥]無料 [申]2月25日10時以降、電話かメールで生活工房へ

3.EC音楽映像傑作選上映会「うたと生きている」
3月30日(土)[第1回]13:00-14:30 [第2回]15:30-17:00 生活工房5F
ECフィルムの中から、現地の生活の中の歌や祭りの歌、遊びの歌を記録した映像を選び、上映します。
上映作品:「夜の仮面の登場」(赤道アフリカ カメルーン草原/ティカール族/1977年)、「うちわ太鼓の歌」(東グリーンランド アンマサリック地方/エスキモー/1962年)ほか計10作品 [定] 各回当日先着50名 [¥]各回500円 [申]不要。当日直接会場へ